偏頭痛による吐き気があっという間に治る|頭痛対策術

原因と注意点を把握する

顎に指をあてる

現代でも偏頭痛の原因はハッキリとは解明されていません。医学会で有力候補としてされているのが、頭蓋骨内にある血管が広がってしまい、炎症を起こしているという説です。しかし、どうして頭蓋骨内にある血管が広がってしまっているのかもハッキリとは断定できていないため、いくつかの説があります。セロトニンという物質が血小板から放出されると脳の血管は収縮します。しかし、このセロトニンが分解され、減少してしまうと先ほど収縮された血管が拡張してしまうのです。このとき、炎症が起きてしまい痛みを伴っているのだといわれています。このセロトニンのせいで血管が広がっているのではないか、といわれているのが1つ目の説です。2つ目が、顔の顔面周辺にある神経が刺激を受け、血管を拡張させる物質を分泌しているというものです。分泌された物質により頭蓋骨内にある血管が広がり、炎症を起こしているため激しい痛みを伴っているといわれています。どちらの説もストレスや疲労などが関係していることから、偏頭痛は心の環境が大きく携わっているのだと考えられています。また、比較的女性が多く発症していることから、偏頭痛には女性ホルモンが影響しているのではないかと考える医師も多くいます。このように偏頭痛にはいくつかの説があるので、素人が偏頭痛の原因を判明させることは難しいといえます。

偏頭痛が起きている間、血管の拡張を進行させる行為は絶対にしてはいけません。血管を拡張させる行為として挙げられるのが入浴や運動、マッサージなどです。そのため、偏頭痛による痛みや吐き気を感じた際は、入浴や運動などをやめ、すぐに安静にしましょう。また、痛みや吐き気を紛らわそうとマッサージを行なう人も多くいますが、返って悪化させてしまうため注意しましょう。光が気になるという人は、部屋を暗くして横になると適切です。とにかく安静にしておく必要があるので、眠気があればそのまま睡眠を取るのもひとつの方法です。睡眠時、脳は過敏な状態から沈静化することができるので、広がった血管が元に戻る作用があります。そのため、睡眠を取る方法がもっとも効果的な改善方法です。吐き気などがあり、横になる姿勢が難しい場合は座った状態でも痛みを和らげることができます。しばらくの間、座った状態で安静にしておきましょう。音に過敏に反応する人は、人気のない落ち着いた環境で安静にしておく必要があります。外出時、偏頭痛や吐き気を発症した場合は、車内や比較的静かなトイレ内などでビニール袋を常備して安静にしておくと適切です。